みぞろ池灸院について

みぞろ池灸院について|治療院紹介

概 要
治療院名 みぞろ池灸院
院長名 瀧 まや
所在地

〒603-8041 京都市北区上賀茂ケシ山1(深泥ヶ池北畔)

電話 075-701-8171
FAX 075-701-8172
症状別貼付点の問合せ 時間 月~金10:00~16:00
定休日 土、日、祝
成り立ち
 昭和5年(1930)に京都市下京区仏光寺高倉から深泥ヶ池北畔に移り「みぞろ池灸院」として、阪村義一(明治40年~昭和47)が開院した。
当時の灸は直接火が皮膚に達する直灸がほとんどで、更に強い打膿灸や焦灼灸が多く、火傷跡のある人々が多く見受けられた。
しかし阪村義一が師事した医師であった青地正徳先生はほとんど熱さを感じない艾をやわらかくもみ温度をあげないようにした上に、糸状灸(シジョウキュウ)と云われる太さ1mmほどの太さの艾で更に火が皮膚に達する前に消す七分灸で多くの症状に対処しておられた。
知覚神経の分類や作用から下行神経への影響や働きについての化学がない中での経験から生まれた知識と技術であったと思われる。
快く感じる弱刺激に有効な症状が多いことから弊院でも弱刺激を中心にした灸院であった。
治病の効果は現在の化学から見て高いことが判るが、当時の人には好まれず、全国各地にあった打膿灸等の名灸と云われるような繁盛はしなかった。
昭和初期から戦前の不況時に治療の空き時間で鍼灸振興会に繋がる研究、出版や更に弱刺激の有効性の知識が戦後復興期に重なるささない鍼の利用者増の基礎になった。
戦前から戦後の10数年間は食糧不足での疾病が多く、鍼灸治療の対象は結核や小児の夜泣き等の体力低下が原因が多かったが、生活の変化とともに、精神疾患、消化器科にゃ免疫に関係する諸症状になってきている。
環境の変化で治療対象が変わるために、治療法も変化しなければならない。
沿 革
昭和3年 みぞろ池灸院の歴史は古く昭和3年に京都市中心部で開業。
昭和8年 当時子供に多い喘息、疳虫、ひきつけや結核等の治療を中心に行う。
小児には弱い刺激で十分有効で、出来るかぎり小さく又皮膚に達する前に火を消す灸が中心だったそうです。
昔の「お灸はできるだけ大きな艾(もぐさ)で熱さを我慢するから効く」、「按摩は強く揉まないと治らない」というような強い刺激が良く効くと信じる人が多かった時に、弊院ではできるだけ小さく、また、感じられる最小の刺激で更に苦痛を伴わないものが治病には有効であると長年の経験から生み出した手技を利用してきました。 02
写真は昭和20年ごろのみぞろ池灸院
昭和38年 現在の深泥池に移り灸治療に特化するようになる。
生理学者等の現在の科学では、自律神経系では病気からの回復には副交感神経の働きで分泌されるホルモンが主に作用するために癒しが必要なことなどが判っています。
当時は経験豊かな治療師が微弱刺激をすることが多かったのだが、それは経験の結果だったのである。
弊院の先代である阪村義一(明治40年~昭和47年)は経験で知った微弱刺激手法からささない鍼のような絆創膏で固定する治療具の有効性に着目して商品化したのです。
昭和40年 当時は我々が開発側の人間もささない鍼の作用、効能に懐疑的な部分が多くありました。その後、顧客様の反応やその裏付けについては「皮膚知覚」「刺激伝達のメカニズム」「神経根や脊髄や中枢・脳の働き」との関連性についての研究や実験からささない鍼には意外に多くの長所があることが判ってきました。 03
写真は昭和20年ごろのみぞろ池灸院